2018年6月8日金曜日

早大に数学必修は、東大オコボレ狙い?

★読み始める前に応援一票★
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

【早稲田大学が数学を必須化】

2021年、センター試験から切り替わる大学入学共通テストはどこへ向かうのか、未だ多くの大学関係者内でも明らかではありません。

Yahoo!ニュースのタイトル、読み手の関心を引きますが、内容との乖離があるのは毎回のことです。2018年6月8日教育界をざわつかせた「早大政経 一般入試で数学必修」のニュースです。早稲田大のホームページ発表を解説した記事です。

実際は大学入試共通テスト」のみであり、大学別テストには出ません。さらに試験範囲も数学1Aのみです。

おそらく、早大生となるには、最低限の数学力は身に付けてて欲しいというメッセージに過ぎず、実際の入学者の多くを占める東大・医学部受験生の併願組には易化と歓迎されているはずです。

トンビママは「おおっ」と驚きましたが、東大の良きライバルは京大か慶応のみと言う東大医者夫は、早稲田には全く関心ありませんでした。


【大学入試改革の首謀者】

東大医者夫は臨床現場で働く医者であり、院内の研修を除き、大学入試改革には全く関わっていません。
そもそも今回の大学入試改革は、実質的な主導者が早稲田大学総長であることは広く知れ渡っています。
早大は医学部新設に失敗し、入試難易度・論文件数・就職先など、全て慶応に大きく出遅れつつある中、早大総長は一発逆転を狙って、教育改革のリーダーに立候補しました。


その早稲田が、どのように大学入試共通テストを利用するのかは、私大を中心に、大きな影響を持つことが予想されます。

東大の教授陣らは「浅はかな改革をしている」と失笑し、一歩引いた立場にいます。現状で、センター試験は基本学力を問い、大学別入試で学生像を絞り込むことができます。

センター+個別試験は完成した形であり、10年前から理想像を壊し始めたのは、センター利用での合否やAO入試を導入した私大群、特に広末涼子を看板利用した早大自身です。

50年後に教育史として振り返られたとき、今回の入試改革は「ゆとり教育」と同様に失敗すると思っていますが、うちの子供も当事者ですので、対応する必要があります。
大学入試改革によって、予備校はより不可欠になるといわれています。予備校の使い方に関しては、前記事「スタディサプリvs予備校」をご参照ください。


【出すぎた杭は打たれない】

《なぜ早稲田が数学を導入するのか》

元文系の東大医者夫によると、素人的に考えられる点は2つ。

①東大に落ちた受験生が集まる

東大と早稲田、想像以上に差があります。早稲田大学は1年間正しく勉強すれば、誰でも合格は難しくありません。(詳細は「東大医者夫の勉強法」を参照)。
しかし、東大合格者でも、半分弱は早稲田に落ちるのです。

*他サイトから引用し改変
2016年度入試 主な私大併願先と合格状況 (河合塾) 
~合格者併願成功率~ 
「東京大学 文科一類」 
早稲田大学 法学部 82%(95/116) [37%(63/170)] 
慶應義塾大学 法学部 68%(27/40) [23%(25/107)] 
早稲田大学 政治経済学部 66%(59/89) [27%(27/101)] 
慶應義塾大学 経済学部 66%(19/29) [18%(10/57)] 

「東京大学 文科二類」 
慶應義塾大学 商学部 89%(59/66) [52%(73/140)] 
早稲田大学 商学部 78%(56/72) [46%(54/117) 
慶應義塾大学 経済学部 72%(84/116) [40%(73/181)] 
早稲田大学 政治経済学部 71%(103/146) [27%(48/178)] 

「東京大学 文科三類」 
早稲田大学 文学部 78%(69/89) [43%(65/152)] 
慶應義塾大学 文学部 67%(20/30) [45%(40/88)] 
早稲田大学 政治経済学部 55%(53/97) [19%(33/172)] 
慶應義塾大学 法学部 41%(19/46) [24%(14/58)]



東大が「学問的基礎と思考力」を問うのに関し、早稲田は「専門的な知識」を問うのです。

下の例は極論であり、実際は早稲田も良問がでます。参考程度にとどめて下さい。
英語なら、基本単語で構成されているが、文法の知識がないと主語を読み間違える東大。見知らぬ単語の知識だけ問う早稲田。
世界史なら、産業革命の時間的・空間的関係性を問う東大。ナポレオンの産まれた月を問う早稲田。

東大受験生も、基礎を積んだ後、+αの勉強の必要があります。

大学入試に数学が導入されると、これまで「私大文系=日本史+英語+国語」だけ勉強すれば良かった構図が崩れ、数学1Aを含む、国立大学型の生徒しか受験できなくなります。
つまり、東大に落ちた生徒を集めやすくなります。

東大不合格組の本命が慶応義塾である現状、慶応がどのような対応に出るか、見ものです。慶応が従来型の「私立文系」のままであれば、東大不合格組がより入りやすくなる早稲田に流れ、慶応を追い抜く可能性も出てきます。

いずれにせよ、東大受験生にとって私立文系用に「+α」の勉強が不要となり、win-winの関係です。


②そもそも経済学に数学は必須教養

数学を知らず、経済学はあり得ないでしょう。経済学を学ぶには、数学を基に統計学の取得が必要です。実際に、早稲田OB・OGの追跡調査で、入試科目として数学選択した受験生の方が、社会選択した受験生より、生涯獲得賃金が高いと出ています。

弁士だけ養成すればよかった時代は終わりです。
数学を捨てることは、人生を捨てることである」、ある大先生の言葉です。

国語が全ての基盤ですが、IT・経済・建築・芸術など、ヒトの社会的活動と数学は非可分なのです。「高校数学は、今の生活に役立っている実感がない」という方、改めて手元の技術をみて下さい。顔を上げて、周囲の景色を見渡して下さい。数学による技術の結晶です。
今回のニュースで焦った私文志望の方、「東大医者夫の大学への数学」をご参照下さい。

★読み終えて応援一票★
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


最後に、Blogランキングに参加しています。記事に興味があった方は、バナーにクリックをお願いします。アクセスの多い記事を分析し、更新するテーマを決めます。