スキップしてメイン コンテンツに移動

東大医者夫が勧める。大人も麻疹の予防接種

★読み始める前に応援一票★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

【麻疹は毎年流行】

GW開けに23でも患者様の発症が確認され報道されています。
今回は2018年3月に台湾からの旅行者から沖縄で麻疹が流行し、空気感染ですから、いよいよ日本本土に広まることが懸念されます。

幸い、うちの子供たちは予防接種スケジュールに従い接種を終えております。健康あってこそ「トンビの子をタカに育てる」が始まります。


【麻疹ワクチン追加接種】

T大医者夫が学生時代、病院実習(通称:ポリクリ・クリクラ)に入る前に、各ワクチンの抗体価チェックがあったそうです。10~20%の方が各基準値を下回り、ワクチン接種の追加を余儀なくされたと言ってました。他の医療機関でも同様のようです。

予防接種後にも抗体価が下がりやすい方が一定数いること、ガイドラインが発症予防に必要な抗体価よりも高いレベルでの確認を求めていること、が主な理由だと考えられます。

医療従事者でない一般の方でも、ワクチン接種が望ましい方が一定数いるということですね。

T
大医師夫は幼少期に2回のMR(麻疹+風疹)ワクチン接種歴があったのですが、12年前に大学登録医となった際の検査で麻疹抗体価が基準値以下と分かり、追加接種を受けました。


【麻疹ワクチンの歴史】

日本が麻疹ワクチンを導入したのは1966年ですが、当時は不活化ワクチン接種後に生ワクチンを接種する方法を取っていたことから、予防接種効果が不十分でした。
1969年に弱毒化した生ワクチンで接種を開始し、有効な予防接種が開始されました。

1982
年に麻疹接種が任意から定期接種に加わりましたが、1回の接種で免疫を獲得できるのは95%の方で、残り5%の方は不十分な抗体価に留まりました。その5%の方は、周りで麻疹の流行があると感染し、発症する可能性があります。これらの人の予防を目的の一つとして、2006MRワクチンの2回接種制度が始まりました。今の中学受験世代や医学部受験世代までは、基本歴には皆2回の接種歴があります。親の持つ母子手帳で確認しましょう。
2013年には妊婦さんの風疹感染と先天性風疹症候群が話題になりました。


【麻疹抗体価チェックの勧め】

幸い、高齢者では既感者が麻疹抗体価は高いことが多いようですが、透析患者様や免疫低下疾患等で心配な方は、抗体価を測定(価格は2000円前後)のうえ、MRワクチン接種を検討は8000円前後)してみるのが良いかもしれません。

★読み終えて応援一票★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

最後に、Blogランキングに参加しています。記事に興味があった方は、バナーにクリックをお願いします。アクセスの多い記事を分析し、更新するテーマを決めます。

このブログの人気の投稿

武田塾の評判は・・合格実績のない詐欺集団

【武田塾では東大・医学部合格は不可能】
本ブログでは「受験勉強の王道」にこだわってきました。前回の「東大医者夫の王道英単語」も東大・医学部への最短英単語帳を紹介しています。
逆に言えば、巷には邪道が溢れかえっていることの裏返しです。

受験において「ロバの親子症候群」には再注意が必要です。ネットで一気に攻勢し、あたかもGoogleAIすら欺き、検索結果を占拠しています。

HERO ACADEMYよなたん氏、勘違いのナルシストです。
武田塾の林尚弘氏、とんでもない大ペテン師です。それぞれご自身の受験にことごとく失敗し、最終学歴もイマイチです。昔から、勉強法に失敗した人ほど2ch(現5ch)に集うと言われますが、その典型例です。


【武田塾のお勧め参考書】駅の広告や受験関連のネット検索で「武田塾」の攻勢は凄さがありますが、実態は分からず、宗教のようだ、怪しいと言われています。HPで主張したい勉強方法論はトンビママも分かりますが、受験失敗組の素人集団らしい創設理念です。

HPに紹介されている本は乱立に近い羅列なので、あえてリンクは付けません。見る必要はありません。一冊を選ぶべきが、多くの人には惑わされるだけだと思います。確かに定番のものが多く、その点に関してだけは評価できます。


【武田塾の費用】以前に教育の対価で述べたように、東大卒の両親であっても子供に直接指導すべきではありません(詳細は「公文値上げにアンチは高笑う」を参照)。ただ、私立文系で3科目70万円/年、国立大向けに110万円/年は高すぎです。
授業をせず、定番の参考書のスケジュール管理に徹する。これを東大生・国立医学部生が塾長やチューターが行うなら、少しは納得できます。それでも高すぎますが。

武田塾の指導者は、ただの受験敗者です。受験勉強で頂点からの眺めを知らず、受験全体を大観できない敗者の敗者たる誤った勉強法です。東大合格レベルまで参考書を使いこなした経験者であれば、まずしない的外れな論評と、実現不可能な学習組み立てです。

【武田塾の合格実績は皆無】 3大予備校を選択していれば東大・医学部に行けたかも知れない生徒を潰し、せいぜい早稲田止まりにします。あのプランでは国立中堅医学部に数人輩出が精一杯でしょう。まず、講師にも受験成功者はいません。予備校との向き合い方に関しては「スタディサプリvs駿台・河合塾・東進」を参照下さい。

現役受験生…

出すぎた杭は打たれない

★読み始める前に応援一票★


【自己紹介】トンビママの子供たちをタカに育てたいと思い、回想録と現在の状況の記録としてブログを始めました。
都内出身のT大医者夫は、高校・大学も元・文系でした。医学部への受験を決めた後は、予備校は遠回りだと独学を決意し、現在のT大病院勤務に至ります。

【出すぎた杭は打たれない】 都内では鉄門をくぐるには、現役時には鉄緑会とその指定校を得るための中学受験が学歴社会ならぬ塾歴社会の王道と聞きます。浪人生では駿台市谷校が一大勢力で、医学生の運動大会である全医体東医体西医体の決勝戦)は駿台市谷校の出身者が各医大生の1~3割を占める同窓会だったようです。


【予備校に頼らない独学勉強法】T大医者夫の高校は自校の授業・週テスト勉強のみに集中する文化があり、都内の予備校頼みの環境に違和感があったそうです。 T大医者夫は公文には行ってなかったようですが、親目線で公文市販教材を眺めると優れた参考書・問題集だと改めて発見したこともあると言います。



都内で子供たちの教育費は厳しいですが、夫は「市販教材と出身校のハイブリッド勉強法を使えば、サピックス四谷大塚日能研早稲田アカデミーZ会でお金をかけずに、希望の大学へ行ける」と言います。
あっという間に上の子は大学受験、下の子も中学受験になります。


【ブログのテーマ】 トンビママは結婚して初めて知る受験・医者の世界に驚きばかりでした。地頭を鍛え、賢い子供に育てたいと思ってきました。育児・教育記録を振り返り載せていきます。

T大医者夫の文系・理系とも経験ある東京大学への受験勉強法、医学部の内情、研修医から指導医に至る奮闘記もアップしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

★読み終えて応援一票★


最後に、Blogランキングに参加しています。記事に興味があった方は、バナーにクリックをお願いします。アクセスの多い記事を分析し、更新するテーマを決めます。

公文値上げにアンチは信者を高笑う。辞める必要なし

【東大生の習い事の定番、公文の値上げは、爆上げか】
5月8日にYahooニュースで「公文式27年ぶりに会費値上げ」が取り上げられた後、あるブロガーが公文信者を高笑い、炎上したことが話題になっています。

地域の個人塾ですら人知れず常に上がり続けている一方で、都心一等地を含む全国にインフラ網を持つ公文が、27年間も価格保留とされていたことに驚きました。

今回「東京・神奈川は1080円/教科」、「その他の地域は540円/教科」の月謝加算は、各地域のオフィス賃料・人件費を適正に転嫁したと考えております。教育費の上昇に悲鳴をあげている保護者も少なからずおられるのは間違いはありませんし、辞められるお子様も出るかもしれません。

元の1教科6480円/月の設定には、東大医者夫は「やや高いが、適正」といいます。今の時代、無料のネット教材を選択する人もいますし、佐藤ママのように子供4人に公文3教科全て習い、十分な教育費を払う親もいます。炎上したブロガーは、「市販教材で地頭を鍛えれた息子は、公文生より計算が早く賢い。公文は不要」と言います。


【東大・医学部への基礎学力に公文教材は最適】東大医者夫の周りは同業者で結婚する方が多く、子供の習い事に公文を選ぶ割合は高いです。経済的な余裕も一因とは思いますが、それ以上に家庭での学習管理者となる、母親の教育レベルと正の相関があるといいます。

東大医者夫は公文には行っておりませんが、子供たちには公文の市販教材を使いました。学研七田式もありますが、反復による基礎学力には、無駄を削ぎ落とした公文が効率的といいます。


【公文値上げで辞めても、公文市販教材で代用可】ただし、子供に教材を与えるタイミングには気を遣いました。しっかりと学校の授業を聞き、得意げに謳う九九が楽しんでいるときに、子ども自身が偶然にも本棚で参考書・問題集を見つけられるよう、環境づくりにこだわりました。子供はクリスマスプレゼントのように喜び、公文プリントを解きます。


【2年生の算数】

【2年生の国語】


公文通塾であれば、市販教材より細かいステップアップと反復ができ、1教科毎に30分の教室勉強、それを週2日です。都内で7560円/月なら、単純に2000円弱/時間で、学童保育より少し高い程度です。おまけに大量の宿題は、第3者の立場から家で勉強する強制力を産みます。
公文値上げで、家計に厳しいのであれば、市販の公…